腰痛でコルセットは助けてくれるの?

腰痛になって病院へ行ってコルセットをつくった方、または、椎間板ヘルニアになってコルセットが手放せなくなった方は多いと思います。コルセットは使用した方がいいのでしょうか?効果はあるのでしょうか?研究論文からと神経と関節と筋肉の機能面から簡単に説明していきます。

腰痛とコルセットの研究論文からみていきましょう

6d1452d5058415928af5fc9f2132e8b3_s.jpg

腰痛時につけるコルセットの基本的な問題について

「コルセットをつけると筋肉が衰えるからあまり付けないほうが」と聞いたことがあると思います。コルセットをつけると筋肉はどうなっているのでしょうか?1986年の研究論文から筋肉の活動電位を調べた所、コルセットをつけると腰周りの筋肉活動電位が下がり、コルセット使用時では筋肉活動が制限されてることが分かってます1)。しかし、同年のコルセットの装着時の動きの制限の研究では、コルセット装着時に少なくとも約2/3から1/2に動きが制限されたとされてます2)。つまり、動きが制限されれば筋肉の活動も制限されます。そういった事も考慮にいれないといけません。また、2012年の日本の研究では、慢性腰痛患者に6ヵ月コルセットをして貰い、筋肉の衰弱は観察されなかったとしてます3)。6ヵ月は大丈夫かもということですね。

腰痛はコルセットをつけると良くなるの?

実際、腰痛がコルセットをつけるとどうなのか調べてる研究があります。それを紹介します。

  • 1981年には、19人の患者を4週間また8週間コルセットつける、つけないで調べた結果、主観的には腰痛の改善が有意に大きかったですが、動きの角度を測る客観的測定では差がなかったと報告されてます4)
  • 1992年の研究では、医療用コルセットではないですが、ウエイトリフティングベルトを使用して飛行場で働く手荷物取り扱い業者の方642人に8カ月使用して貰いましたが、ベルトを着けていても着けていなくても、トレーニングを一時間受けていても、いなくても、差は無かったと報告してます5)

 腰痛とコルセット研究論文のまとめ

EBM(過去の経験や慣習からではなく科学的なデータに基づく医療)では、コルセットの有効性に関する科学的根拠の高い論文はほとんどありません。その中でも、腰痛におけるコルセット使用は悪化するのかという観点からは、6か月以上の長期使用は動きの制限からの筋力の低下があるかもしれないので、筋肉トレーニングを併用したり、長期の使用は制限した方がよいとされてます3)6)。また、その事より、自分用に調節されたコルセットより、既製品のコルセットで、動きの制限を緩やかした方が良いので、コルセットの購入は薬局、またはamazonで購入で十分だと思います。

カイロプラクティックからみる腰痛時のコルセット使用について

コルセットは腰を固めて腰の骨の動きを制限するので、腰の骨の動きがかたくなります。かたくなると背骨の間から出ている神経の流れが悪くなり内臓や血管、筋肉に影響があります。また、腰の骨が動かなくなると、周りの筋肉がうまく使えなくなります。また、椎間板にも負担がかかるでしょう。

結論

腰痛時におけるコルセットの使用は、急性腰痛、ぎっくり腰のような時に周りの筋肉や関節にこれ以上負担がいかないように使用するのは効果がありますが、大きな炎症が改善すると腰部を動かして可動性の維持、もしくは復帰をしないといけません。ですので、一番のおすすめは、急性腰痛の場合は、発症時から来院時までコルセットを付けて頂き、カイロプラクティック施術により腰の関節を動くようにして負担がかからないようにします。その後のコルセット着用は必要はありません。

 

<参考文献>

  1. Lantz SA , Schultz AB(1986)  Lumbar spine orthosis wearing. II. Effect on trunk muscle myoelectric activity. -Spine
  2. Lantz SA , Schultz AB(1986)  Lumbar spine orthosis wearing. I. Restriction of gross body motions. -Spine
  3. NAOTO SATO, MIHO SEKIGUCHI, SHINICHI KIKUCHI, HIROAKI SHISHIDO, KATSUHIKO SATO, SHINICHI KONNO(2012) 慢性腰痛を呈した長期矯正矯正術の効果 福島医科学術誌
  4. Million R、et al(1981)Evaluation of lowback pain and assessment of lumbar corsets with and without back supports -40 ANN RHEUM DIS
  5. Cheryl R.Reddell Jerome J.Congleton R.Dale Huchingson John F.Montgomery(1992) An evaluation of a weightlifting belt and back injury prevention training class for airline baggage handlers -Applied Ergonomics
  6. Eisinger, Dina; Kumar, Rajeswari; Woodrow, Randi EFFECT OF LUMBAR ORTHOTICS ON TRUNK MUSCLE STRENGTH -American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation

営業時間
月~土曜日 10:00~22:00
日曜/祝日 10:00~20:00
(最終受付 19:00)
☆定休日:水曜日
(祝日と重なった時は休みです)

〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-1-9
TEL: 089-933-6763