子供の肩こりと近視

裸眼で黒板がぼやける視力0.3未満の小学生は35年程前と較べて3倍以上に増えてます。身体が成長している子供は近視がすすみやすいので気を付ける必要があります。

昔と較べて目が悪くなった子供が多い理由は、単純に携帯ゲームやテレビゲーム、自然の中で遠くを見る事をしなくなったと考えますが、勉強をしている姿勢の悪さが目に負担をかけてる場合があります。

姿勢というと猫背で頭が前に出て本との距離が近くなり近視になると思いますが、それに加えて首を傾げる様にして机に向かってる子供がいます。

頭を傾げてると利き目でピントを無意識で合わせると他の目はピントがずれて目の網膜の後方で焦点をあわせる距離になることがあります。そうすると眼球がのびて近視になります。

そういったお子さんの姿勢は、左右の筋肉のバランスが悪く癖が付いてるので、頭を傾けた方が楽に感じます。また、意識しないとそういった悪い姿勢をしてしまいます。

肩こりで悩んでる子供は多いですが、さらに姿勢が目にも悪ければ、これからの人生にとても影響します。

子供の時だからこそ、筋肉と関節を正しい状態にして姿勢矯正をすると目にも良い事があります。

お子さんの姿勢で気になりましたら、WHO(世界保健機構)基準のカイロプラクティックでキチンと改善させましょう。

お問い合わせください!

 

営業時間
月~土曜日 10:00~22:00
日曜/祝日 10:00~20:00
(最終受付 19:00)
☆定休日:水曜日
(祝日と重なった時は休みです)

〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-1-9
TEL: 089-933-6763